熊本の浮気調査事例について

妻や夫が浮気したら、まず思い浮かぶのが探偵事務所や興信所が行う浮気調査ですが
どのぐらいの段階でそういったプロに依頼すればいいのか利用した事が無い人には解りづらいですよね。

そこで熊本にある探偵事務所の浮気調査事例をちょっと編集して紹介します。

今日、紹介するのは熊本市在住の結婚10年目、子供一人の既婚女性からの依頼を受けた浮気調査事例です。

最近、会社勤めしている夫の帰宅時間が残業や接待や会議などの理由で遅くなっていて、
帰宅後に以前は切らなかった携帯電話の電源を、帰宅後すぐに切るようになるなど行動の怪しさを感じて熊本市の探偵事務所に相談しました。

その探偵事務所では、依頼者である女性に浮気調査をする前の相談段階でヒアリングにて話を聞いた後に、浮気の高い可能性があると判断して浮気調査を提案しました。

浮気調査事例では、夫の退社時間に夫に気付かれないように張り込んで、出てきた所を調査員で尾行しました。
夫が飲食店に入って、女性と食事している事を確認。その際、女性に対しても尾行を付けて相手の女性の住所を特定しました。

その女性と夫が浮気する決定的な証拠写真を取るために、女性と夫を三日間尾行を続けました。

尾行4日目の金曜日に夫とその女性が、高級な飲食店で食事を楽しんだ後に、カップルのように肩を組みながらホテルの入り口に入って行きました。
この時、事前にホテルの前に隠して設置していた夜間撮影用の高感度カメラにて、ホテルに入って行く決定的な証拠写真を撮影しました。

2時間後、ホテルから出てきた後に、カップルのように堂々と肩を組みながら出てくる時に真正面で夫とその女性が解る証拠写真の2枚目を撮影しました。

ホテルから出た後にタクシーに乗って二人で女性の自宅まで移動している際も車で尾行。

タクシーから出てくる所を、あらかじめその女性宅ではりこみしていた別のスタッフが撮影して、3枚目の証拠写真を撮影しました。

この時、決定的な瞬間を撮影するために設置していたカメラで女性と夫が女性宅にへ出入りしているところを撮影しました。

後日、夫とその女性を呼びだして、4枚の浮気現場の決定的な写真を見せながら、弁護士を交えて話し合いました。
裁判を起こす予定でしたが、依頼人女性が夫と別れるつもりがなくて、子供に知られたくなかったという事情で示談交渉をしました。

示談の結果として、浮気相手の女性に対して二度と夫に会わないことと200万円の慰謝料払う事を公正証書で取り交わして解決しました。
この浮気調査事例の依頼者の女性のように、気軽に相談できる探偵事務所が熊本市にあります。

タグ

熊本の浮気調査事例から見る調査後の結果

熊本調査サービスセンターという探偵事務所が存在します。地元の公安委員会に届出を済ませており、番号を取得していますので、きちんとした探偵事務所であることがわかります。

ここでは無料相談や無料見積もりを行っています。夫や妻、恋人が浮気をしていると感じたときには相談してみることをおすすめします。

この探偵事務所では公式サイトに浮気調査事例を公開しています。かなり細かな内容ですので、どのように調査を行うのか知りたいなら、閲覧しておきたいところです。

浮気調査事例を見ると、30代や40代の夫婦に関する浮気の問題が多いことがわかります。

浮気といえば男性がするものというイメージがあるものの、実際には妻である女性側も割と多いことがわかります。

調査後、依頼者がどのような行動をとっているのかについてですが、裁判まで発展することはあまりなく、話し合いや弁護士などの法律の専門家を介して解決したというものばかりです。

30代の女性が15時間の調査を依頼した案件では、金融関係の会社に勤める夫が若い女性と頻繁に会っていることが調査から判明しています。

スーパーで待ち合わせをし、車で移動して食事を楽しんだり、ラブホテルに入っていったりという結果でした。

妻は浮気を疑っていた状態でしたが、調査結果によって浮気が事実であることがわかり、熊本調査サービスセンターの裁判資料作成コースを利用します。

このコースでは裁判で有利になる証拠資料の作成を探偵事務所が作成するというものです。最終的には浮気相手の女性との話し合いがまとまり、200万円の慰謝料を払うことが決定しました。

その際には法律の専門家によって作成された公正証書を取り交わし、終了しています。

40代の男性が調査を依頼した内容は、パートとして働いている妻が頻繁に携帯電話を使っており、しばらく尾行をしているとスーパーで50代と思われる男性と待ち合わせをしていることがわかります。

2人は公園の駐車場で約2時間一緒に過ごしたり、別の日にはラブホテルに入っていき、しばらく過ごしていたのを確認したところで、浮気していることが判明します。

調査結果を依頼者に報告すると、浮気相手が依頼者の知り合いであることがわかります。

依頼者と妻、浮気相手の3人で話し合いを行ったそうです。

現時点では依頼者が妻との関係を断ち切っておらず、婚姻関係にある状態です。この他にもたくさんの事例や報告サンプルが公式サイトに公開されていますので、参考にすることをおすすめします。

タグ

浮気率の高い男性・女性の職業

“浮気をするのは男も女も変わりませんが、職業によって浮気率には違いがあります。浮気率の高い男性・女性の職業はいくつか挙げられますが、共通しているのは異性との出会いが多い職業だという点です。

職業による浮気率

浮気が多い男性の職業としてまず挙げられるのは医師です。職場である病院には女性看護師が非常に多く、患者にも女性がいます。

加えて、医師は高給であることが知られているので、魅力が大きくアプローチされる確率も高いことが浮気につながっています。

同様に、高給であるということと能力があるということが立証されている社長業も浮気率が高い職業です。

職場だけでなく取引先や経営者同士の懇親会などで女性と出会うことが多いだけでなく、社長業はコミュニケーション能力に長けていなければ務まらないので浮気が成功しやすいのです。

ストレスや出会いの多さからからの浮気

女性の場合、医師や社長という職業に就いている人数が少ないため浮気をする人も多くありません。浮気率が高い女性の職業としては、看護師や介護士が挙げられます。

医療現場や介護現場はストレスが多い仕事で、そのストレスを同じ職場の男性と共有しようとして浮気に走ってしまうのです。

また、水商売に従事している女性も浮気率が高いです。出会いの数ではほかの職業よりを圧倒していて、さらに職場を訪れる男性は女性との濃密な関係を望んでいることが浮気に走る要因になっているのです。

浮気は個人が行うものですが、男女とも職業によって浮気率に差があるのです。

タグ

2017年7月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:浮気 浮気調査

熊本で実際に起こった浮気調査事例が参考になる

配偶者や恋人に怪しい行動を感じられたのなら、浮気調査をすることで事実が明確になります。
調査するには同じような経験をした人の話が参考になりますが、熊本調査サービスセンターという探偵事務所のホームページに浮気調査事例が掲載されていますので、それを参考にすると依頼の判断がしやすくなります。

そのホームページに掲載されている事例の内容ですが、夫の行動に対して妻が疑問を持っており、探偵を依頼したというものがあります。この女性は30代半ばで、2人の間には子供がいません。

結婚生活は8年。妻は最近夫の帰りが遅いという不満を持っていました。
夫は金融関係の会社に勤めていますが帰宅が遅い理由として「会議が長くなった」、「残業をしていたから」、「接待で忙しかった」などと妻に話しています。

ここで妻が不審に思ったのが、夫が帰宅するとすぐに携帯電話を取り出して電源を切っていることです。これらの行動から夫が”浮気”をしているのではないかと考えた妻は、熊本調査サービスセンターに相談を行った後、調査を依頼します。

今回の調査は尾行調査が主になります。
尾行調査1日目 夫が会社から出てくるのをスタッフが待ちます。

夫は車で通勤しているので車で尾行しますが、何故か自宅へと向かう道ではなく別方面へと夫の車が進んでいきます。
進んだ先にはスーパーがあり、そこの駐車場で20代くらいと思われる女性と待ち合わせをしていたのが発覚しました。

そのまま2人で行動し、飲食店で2時間ほど食事をした後に再びスーパーへと戻り女性を自分の車からおろします。
女性が車に乗り込み、車を発進させます。その女性の車を尾行してみると・・・自宅を思われる住宅へと入っていきました。

2日目、昨日と同じように夫の会社でスタッフが張り込みをしていると、会社の電気がついている状態で、残業を行っている様子がわかりました。

それから30分ほどして夫が会社から出ます。移動先は自宅から近いコンビニで普通に買い物し、車に乗り込み携帯電話で誰かと話し帰宅しています。

3日目は会社が休みです。夫は妻にパチンコに行くと告げて出かけます。

1日目に訪れたスーパーに向かうと、一日目に目撃した女性と待ち合わせをしており、コンビニで買物をした後ラブホテルに入ります。
4時間が経過した後に2人が乗った車が出てきて待ち合わせをしたスーパーに戻りました。

これが証拠となり、妻は裁判用の資料を作成するためのコースを依頼するといった内容です。

タグ

慎重に考えるべき浮気の線引き

“浮気はどこからが浮気?なのでしょうか。個人個人によって考えが違うとは思いますが、浮気と間違われて迷惑するパターンなどもありますので、そこは慎重に見て頂きたいところでもあります。

浮気の始まりとは

浮気も最初は、異性と二人っきりでお茶をすることから始まるのかもしれません。しかしこの時にはまだ浮気の気持ちは芽生えていないことも多いのではないでしょうか。

一緒にお茶をする理由にもよりますが、たまたま道でばったり会ってしまったからとか、昔の友人でただ懐かしかったからということもあります。

同性なら疑われることはありませんが、異性でしたら一緒にいるだけで間違われてしまうことも少なくありません。

ましてや、相手が素敵な人であった場合、さらに疑いが確信の思い込みに変わってしまう方もいますので要注意です。

この様なことから状況にもよりますが、友人としてお茶をしている程度なら浮気とみるのはどうかと思います。

浮気の線引き

しかし、これ以上に発展した場合は浮気としてみても良いのではないでしょうか。

例えば、手をつなぐとか、腕を組むとか、家族に内緒で休日に二人っきりでドライブに行くとかになると、普通のデートと同じですのでそのように見ても構わないでしょう。

浮気は、真面目に生きている人には耐えられないものでしょう。しかし、浮気は一時的なもので最終的には戻ってくることが多いです。

我慢は辛いですがあまり騒がず戻ってくるまで静観するのも良いかもしれません。許すことは難しいとは思いますが、いつまでもそのことにこだわると自分は幸せにはなれません。

相手と離れたくないなら許す、そうでなければ別れるということを気持ちの整理と共に選択した方が良いのかもしれません。

タグ

浮気を増加させる近年の浮気事情

“近年、雑誌やテレビなどで連日芸能人の浮気が素っ破抜かれています。しかし、浮気調査を扱う探偵事務所では、近年浮気調査の依頼数が増加傾向にあるというのです。

近年の浮気事情

浮気を増加させる近年の浮気事情について、解説していきましょう。

そもそも、浮気は今に始まったことではなく、古来から頻繁にある男女の永遠のテーマです。

決まったパートナーとは別の恋人を作り、逢瀬を重ねる。文字にすると単純ですが、そこには人間のドロドロとした部分が凝縮されており、時には家庭崩壊を招いたり、事件に発展することもあります。

インターネットで浮気が増加

浮気が増加した原因の一つとして、インターネットの普及があげられます。

一昔前までは、自分の足によって相手を見つけるなどをしなくてはなりませんでしたが、現在は、メッセージアプリや、出会い系サイトなどが多くあり、気軽に相手を探せるようになりました。

スマートフォン自体にもロックを掛けられるようになり、パートナーに見つかりにくい状態となっています。

さらに、地域住民との関係性の薄れも指摘されます。近所の人間関係が希薄になったことで、いわゆる監視されることがなくなり、自由に出会いを楽しむことが出来るようになりました。

そして、注目すべきは、女性の浮気が徐々に増えている点です。ドラマでも話題となりましたが、夫の仕事中に浮気をするという行為が注目されています。

パートナーの行動をよく観察し、怪しいそぶりは見逃さないよう、常にコミュニケーションは取っておきましょう。

タグ

2017年7月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:浮気 浮気調査

不貞行為とは?その定義は?

“浮気と不貞行為は、世間一般ではよく混同されます。テレビのワイドショーなどでもコメンテーターの方々が定義をよく理解しないまま、双方の言葉を使って有名人の不倫や離婚問題を論じています。

不貞行為とは

そのため、世間の人々は浮気と不貞行為を同様の意味、そして行為だと理解しています。確かに似ている部分はありますが、いわゆる法律的にはれっきとした定義が存在します。

そもそも不貞行為とは?その定義は?どういった内容になるのでしょうか?まずは不貞行為の定義ですが、既に結婚している男女がパートナー以外の異性と性的な関係を結ぶ事を意味します。

生々しい表現になりますが、いわゆるパートナー以外の男女と性行為をする事です。基本的にはセックスを意味しますが、専門家によって不貞行為の意味する性行為の厳格な解釈は変わって来ます。

キスやペッティングなども広義の性行為だと解釈する人もいます。

浮気とは

一方で浮気ですが、こちらは厳格な定義がない言葉です。

結婚した男女だけに当てはまる概念でもなく、いわゆる恋人状態の男女にも当てはまる言葉であり、パートナー以外の異性に見とれていた、異性のアイドルに熱中している、異性の友達と親密そうに話していた、こういったレベルでも該当する表現です。

要するに特定の恋人やパートナーがいるにもかかわらず、異性に対して「浮ついた気持ち」を抱く事が浮気の意味するところです。

不貞行為とは違い、性行為の有無は関係なく、ある意味で非常に日常的なレベルで発生しているものです。

不貞行為は厳格に法に触れますが、浮気はそれこそ個人の内心の問題であり、余程異性に浮ついた態度を取らない限り、恋人間や夫婦間でも大問題にはなりません。

タグ

どんな事があったら盗聴発見調査を依頼すべき?

熊本周辺でも依頼が多いのが盗聴発見調査です。近年手口が巧妙になっており通信販売でも簡単に手に入るようになってきたので、一見してわからないものがほとんどです。

気付かず盗聴されることも

賃貸住宅などは入居者が変わるため、前に住んでいた方がわからないこともあり、特に注意が必要です。

ワンルームマンションなどはエアコンや照明器具などが備え付けのところも多く、陰に隠れた部分にあればわかりません。

コンセントも分岐タップが付いているから便利でそのまま使っていたら盗聴されていることもよくあります。

不審に感じたらプロに任せよう

テレビやラジオに雑音やノイズが入る、一人暮らしの方が家に帰って、すぐ電話が鳴る、近所に不審な車が止まっている、別れた彼氏や別居中の夫が知りえない内容を知っていたなど不審に感じた時は盗聴発見調査を依頼して探偵の力を借りましょう。

重大なストーカー被害の兆候の場合もあります。不安なことが重なったら、電話で相談してみましょう。その場合は聞かれている可能性がありますので、家の中から電話をしてはいけません。

相談してもいきなり料金は発生しませんので安心です。高性能な受信機と長年の経験で部屋の中を隅から調査して特定します。調査をしているときは念のため相手に聞こえないように無言で行ないます。

タグ

熊本で人探し、探偵に依頼した場合の日数は?

熊本に限らず、探偵会社に人探しを依頼した場合、幼い頃に別れた

親や子供など、相手が逃げているわけでもなく普通に生活している場合であれば、多くの場合は早期に所在が確認できます。

人探しは時間が鍵

失踪した人や家出人を探す場合は、いなくなってから依頼するまでの時間と情報量に正比例する傾向があります。

いなくなってからかなり時間が経過していたり、手がかりが少ないときには探し出す日数もかかってきます。

統計的に1日から30日の日数で、ヤマ場は1週間です。探偵会社は独自のネットワークとプロの集団ですので、情報が整っていれば1週間あればルートをたどり解明します。その期間を過ぎればだんだん厳しくなっていきます。

日数が増えると料金が増えていきますので、人探しの依頼をする際は住所・氏名・生年月日・戸籍・学歴・職歴・顔写真・身体的特徴・趣味などできる限り正確な情報を揃えて依頼することがポイントです。

捜索相手が会社勤めをしていたり社会生活を送っている場合は、比較的に早く解決できます。

探偵会社は逐一、メールなどで状況の報告をしてくれますが、相談依頼の際にどこまで待つのか、料金設定はどうなっているかはなどをはっきりさせておくことも重要です。

タグ

2017年2月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:人探し 探偵

熊本での浮気調査、興信所でかかる費用の相場とその内訳

熊本で浮気調査を依頼する場合の費用は、興信所によってさまざまです。料金のうち、大きな割合を占めるのが人件費ですが、人件費は1人につき1時間10,000円から15,000円が相場になるようです。

料金の相場を知ろう

1人1時間1万円だとして、2人で5時間の調査をした場合ですと、人件費は合計10万円になります。相場と大きくかけ離れた料金設定となっているところには注意しておきましょう。

費用の内訳は興信所によってさまざまですが、大きく分けると着手金、成功報酬、経費の3つがかかるようです。経費は機材や交通費など、かかった費用がすべて含まれます。

着手金の中に経費が含まれている場合と、経費は別でかかる場合があるので、しっかりと内訳を確認しておきましょう。

 

成功報酬に気をつけよう

最も注意すべきなのが、成功報酬です。成功報酬は調査が失敗すればかからないので、お得であるかのうように思えますが、調査が成功した場合には通常よりも高額になってしまうこともあります。

また、「キスをしている写真などのように、裁判で使えないような証拠でもとれたら成功とみなす」といったように、成功の定義は興信所によって異なります。

依頼をする側と探偵側では成功の定義が異なることが多いので、どういった場合に成功報酬がかかるのかは必ず確認しておきましょう。

タグ

このページの先頭へ

まずはご連絡ください
  • 浮気調査・不倫調査
  • 結婚調査
  • 盗聴盗撮器発見調査
  • 家出調査
  • 裁判資料・証拠の収集
  • 企業信用調査
  • 身元・身上調査
  • いたずら対策調査
  • ストーカー対策調査
  • 所在・人探し・家出人調査
  • 海外調査
  • 従業員調査
  • 株式会社オセロ
  • 福岡県・九州全県サポート
  • 東京/大阪
  • (本社)〒860-0821
  • 熊本県熊本市南熊本5-6-1-9F