大手の値段が高い探偵事務所、依頼する際の選び方

探偵事務所に何らかの調査を依頼しようとしたとき、大手と中小ではそれぞれにメリットとデメリットは存在します。
それぞれの調査内容に合わせて適切な事務所を選びましょう。

まず探偵事務所は基本的に大手の値段が高いと言われています。
これにはきちんとした理由があって、大手にはそれなりの実績とネットワークが存在するからです。
調査の内容によっては全国を飛び回るないといけない場合があるでしょう。
そんな時中小の探偵事務所だと、調査員を現地にまで送らないといけません。
調査員の仕事というのは基本的に、裁判で争っても勝てるような証拠を手に入れることが必要になりますので、インターネットの通信が発達した時代でも、アナログで足で稼がなければならないことが多々あります。
全国に事務所にある大手であればそのネットワークを利用し、断片的な調査だけを現地のスタッフに任せたりすることができます。このような効率性も含めて大手は基本的に料金が高めに設定されています。

これは業界の中でも暗黙の了解の中で料金設定がされていると言われています。
大手があまりにも安い値段で設定をしてしまうと、中小の事務所が勝てる余地がなくなってしまいます。
依頼する立場の身になって見ればよくわかりますが、たくさんの実績と大きなネットワークを持った事務所と、そうではない事務所で料金が同じであれば、どちらに人が流れるか、言うまでもありません。

一方中小の事務所にとっては料金設定で大手と差別化を図ることができるというわけです。
探偵の仕事の中で主なものに浮気調査というのがありますが、例えば調査対象者の仕事がほぼ固定の場所に勤めているようなものだった場合、機動力というのはそれほど必要ではありません。
行動範囲が地元の限定された中である程度を把握できるようであれば、全国的なネットワークというのも必要ではないでしょう。
ごく一般的な家庭の中で、何らかの疑わしいトラブルが発生したときに探偵に調査を依頼しようとするのであれば、場合によっては中小の方が料金を安く抑えられる場合があります。

ほとんどの事務所で無料相談というのをやっていますので、すぐに依頼先を決めるのではなく何件か回ってみることをおすすめします。
順番としては先に大手に行った方が良いでしょう。
そこで提示された条件をもとに、中小の事務所へ出向けば、よりもっと好条件で調査をしてくれるような場合があります。
大手に比べると依頼者を確保したい気持ちというのは、基本的に中小の方が大きいからです。

タグ

鹿児島県で離婚に至った浮気調査事例とは

鹿児島県で浮気調査を依頼したいと思った場合には、事前にどのような浮気調査事例があったのかということを頭に入れておくことで、自分の浮気調査を行うときにも、参考になることでしょう。

鹿児島県で実際に行われた浮気調査事例として、33歳の男性からの妻の浮気調査依頼が挙げられます。
33歳の男性は、3年前に結婚し、子供はまだ授かっていません。
男性が、妻の浮気をしているのではないかと思い始めたのは、約半年ほど前からだということです。
やたらと電話を使って誰かと連絡をしているということでした。

最初は仕事関係や友人と連絡を取っているのかと思い、全く気にしていなかったようですが、少しずつ妻はこそこそと連絡を取り合うようになったということです。
さらにはスマートフォンを片時も離すことがなくなりました。
さらに知らない間にスマートフォンにロックがかけられるようになり、仕事の残業が増えたり、仕事帰りの飲み会だと言って、自宅に帰ってくるのがどんどん遅くなったということでした。
それまでは夫婦の営みにも普通に応じ、定期的に行われていましたが、だんだんと疲れを理由に拒み始め、これにより疑いの気持ちが増していたということです。
ここで初めて探偵事務所に相談をする運びとなりました。

一通りの説明を聞いて、男性は浮気調査を依頼するかどうか悩んでいました。結婚して3年で、あまりお金に余裕はなく、何日も浮気調査にかける費用がありません。
しかし前もって妻から遅くなるといわれる日がわかっているのであれば、その日を選んで浮気調査を行うこともできます。
この方法で成功すれば1日だけの調査費用で終わらせることができます。

そして男性は、妻が仕事の後に女友だちといっしょに友人のお祝いを選びに行くという理由で帰宅が遅くなる日を浮気調査の日に選びました。
そして初めての脇調査で、なんと妻が同僚の男性とホテルで浮気している事実を突き止めることができたのです。
またホテルがある駅で待ち合わせを行い、そのまますぐにホテルに入っていたということで、このような行動の場合には、以前から付き合いが続いている可能性が高いものです。
そしてこの浮気調査の事実をもとに、男性は妻に詰め寄りました。

そして半年以上前から、浮気をしていたことを認め、子供もいなかったことから、離婚に向けての話し合いが進められました。
さらにたった1日ですが浮気調査で得た結果によって、男性は離婚の話がかなり有利に進んだということです。
このケースでは男性が指定した1日だけの浮気調査で結果が得られました。このような方法をとることで、費用をぐっと抑えられる可能性があるということです。

タグ

2017年9月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

鹿児島の浮気調査事例にはどのようなものがあるか

鹿児島県で浮気調査をする場合、浮気調査事例を知っておくと何かと便利になります。
浮気調査をするのは探偵ですが、探偵の仕事は多岐にわたっているのが現状です。
その一つは、追跡調査です。
テレビドラマなどでもおなじみの追跡調査ですが、実際はテレビドラマのようにすぐ後ろを走行してしまうとばれてしまうでしょう。
そのため、一台間に別の車を入れるなどして、ばれない状況を作り出します。

とはいえ、長時間の移動になると、一台間にはさんでも不自然な動きだとばれてしまうことがあります。
なぜなら、浮気をしている人は、人の目線を気にするからです。
そこで、自動車を2台用意するので、途中で車を入れ替えて追跡する方法を採用しているところもあります。
結果的に、追跡がばれにくくなるでしょう。

徒歩での追跡も少なくありません。どちらかといえば、徒歩で追跡した方が追跡しやすいのが特徴です。
ただ、いずれの場合の信号があると途中で見失ってしまう可能性がありますので、たとえ赤信号に変わりそうな時でもそのまま車を追い続けた方がよいでしょう。

車にGPSを仕掛けることもできます。GPSを仕掛けることで、追跡しなくても問題ないでしょう。
ただし、浮気相手が所有している車の場合は、GPSをつけにくくなります。
その時には、浮気相手の車を特定し、人がおらず浮気相手の車の見えない特にGPSを取り付けるなどの工夫が必要です。
移動する場合ではなく、建物にこもっている場合は、張り込みが重要になります。

張り込みをするときは、刑事ドラマのように車の中でアンパンを食べている姿を思い浮かべる人が多いかもしれません。
ですが、実際にはもう少し地味です。
自動車使う場合には、昔と違い路上駐車にうるさくなっていますので、駐車場を借りて張り込みをするしかないでしょう。
周りの目線もありますので、可能なかぎり目立たないところに自動車を置いておくことがポイントです。
エンジンのつけっ放しは周りから注目される可能性があるため、寒い冬でも、エンジンはつけないのが普通です。

スマートフォンを利用して浮気を見破る方法もあります。
スマートフォンには、たくさんの個人情報が入っていますが、最近はラインのやりとりで浮気をしていることが発覚することが多いでしょう。
この場合、携帯電話会社に連絡をしても、相手の情報を開示してくれることはまずありません。
当然警察も協力はしてくれません。この場合には、ラインでつながりを持ちながら真相を調べることが大事です。

タグ

2017年9月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:鹿児島浮気調査

鹿児島県の浮気調査事例からわかること

鹿児島県では様々な探偵事務所がありますが、浮気調査事例も探偵事務所に異なります。
浮気調査事例はどのような依頼があったかによっても異なるところですが、基本的には地味な作業が多いのが特徴になります。
よく、スマートホンなどに浮気の証拠が残っていることが多いですが、普通はスマートフォンを見ることはできません。
浮気している人のスマートフォンを見ると個人情報の点で問題が発生してしまうからです。
携帯電話会社に問い合わせることも難しくなっています。
いくら探偵であっても、携帯電話会社に問い合わせてよい返事が得られるわけではありません。

そこで、探偵事務所では浮気をしている人にラインを使って近づくことがあります。
まずは友達になり、相手と仲良くなってから真相を追及することになるでしょう。
このように、個人情報の観点からスマートフォンから近づくのは、個人情報の問題とは関係ない、法律上何ら問題はありません。

探偵がよく使う手段として、追跡行為があります。
追跡は自動車で行う場合と徒歩で行う場合の2種類が存在するでしょう。
このうち、通常は相手の交通手段に合わせるのが普通です。
すでに徒歩で行動する人はいませんので、車を利用する可能性も高いです。
車で追跡する時のポイントは、信号になります。
赤信号や青信号であれば問題ありませんが、黄色信号から赤信号に変わる時には、追っている車だけ先に行ってしまうことも考えられます。
このようなときには、少し無理をして追跡を経なければならない部分はありますので、ある程度の熟練の人が行うことが必要になるでしょう。
自動車で追跡するときには、ずっと距離を縮めて追跡しているとばれてしまうので、一台別の車を間に入れて追跡することが多くなります。
途中で前の車と後ろの車を入れ替えて、前の車だけ後を追わずに別の進路に進めば追跡していることがばれにくいでしょう。

次に、徒歩の場合は、車に比べると簡単になります。
ですが、浮気している人は常に周りの目線を気にするものです。
そのため、あまり露骨に追跡をするとばれやすくなるため、距離を置かなければなりません。
人員の確保ができていれば、3人体制ぐらいで行ってもよいでしょう。

撮影することも仕事の一つになります。
例えば、浮気相手の家に行き、浮気をしていると推測できれば、少し離れたところから望遠カメラで撮影する場合もあります。
この時には、張り込みをしていることが多いですが、車で張り込みをする場合は、不自然な場所にとめないように注意をしなければなりません。

タグ

2017年9月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:鹿児島浮気調査

このページの先頭へ

まずはご連絡ください
  • 浮気調査・不倫調査
  • 結婚調査
  • 盗聴盗撮器発見調査
  • 家出調査
  • 裁判資料・証拠の収集
  • 企業信用調査
  • 身元・身上調査
  • いたずら対策調査
  • ストーカー対策調査
  • 所在・人探し・家出人調査
  • 海外調査
  • 従業員調査
  • 株式会社オセロ
  • 福岡県・九州全県サポート
  • 東京/大阪
  • (本社)〒860-0821
  • 熊本県熊本市南熊本5-6-1-9F