鹿児島の浮気調査事例にはどのようなものがあるか

鹿児島県で浮気調査をする場合、浮気調査事例を知っておくと何かと便利になります。
浮気調査をするのは探偵ですが、探偵の仕事は多岐にわたっているのが現状です。
その一つは、追跡調査です。
テレビドラマなどでもおなじみの追跡調査ですが、実際はテレビドラマのようにすぐ後ろを走行してしまうとばれてしまうでしょう。
そのため、一台間に別の車を入れるなどして、ばれない状況を作り出します。

とはいえ、長時間の移動になると、一台間にはさんでも不自然な動きだとばれてしまうことがあります。
なぜなら、浮気をしている人は、人の目線を気にするからです。
そこで、自動車を2台用意するので、途中で車を入れ替えて追跡する方法を採用しているところもあります。
結果的に、追跡がばれにくくなるでしょう。

徒歩での追跡も少なくありません。どちらかといえば、徒歩で追跡した方が追跡しやすいのが特徴です。
ただ、いずれの場合の信号があると途中で見失ってしまう可能性がありますので、たとえ赤信号に変わりそうな時でもそのまま車を追い続けた方がよいでしょう。

車にGPSを仕掛けることもできます。GPSを仕掛けることで、追跡しなくても問題ないでしょう。
ただし、浮気相手が所有している車の場合は、GPSをつけにくくなります。
その時には、浮気相手の車を特定し、人がおらず浮気相手の車の見えない特にGPSを取り付けるなどの工夫が必要です。
移動する場合ではなく、建物にこもっている場合は、張り込みが重要になります。

張り込みをするときは、刑事ドラマのように車の中でアンパンを食べている姿を思い浮かべる人が多いかもしれません。
ですが、実際にはもう少し地味です。
自動車使う場合には、昔と違い路上駐車にうるさくなっていますので、駐車場を借りて張り込みをするしかないでしょう。
周りの目線もありますので、可能なかぎり目立たないところに自動車を置いておくことがポイントです。
エンジンのつけっ放しは周りから注目される可能性があるため、寒い冬でも、エンジンはつけないのが普通です。

スマートフォンを利用して浮気を見破る方法もあります。
スマートフォンには、たくさんの個人情報が入っていますが、最近はラインのやりとりで浮気をしていることが発覚することが多いでしょう。
この場合、携帯電話会社に連絡をしても、相手の情報を開示してくれることはまずありません。
当然警察も協力はしてくれません。この場合には、ラインでつながりを持ちながら真相を調べることが大事です。

タグ

2017年9月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:鹿児島浮気調査

鹿児島県の浮気調査事例からわかること

鹿児島県では様々な探偵事務所がありますが、浮気調査事例も探偵事務所に異なります。
浮気調査事例はどのような依頼があったかによっても異なるところですが、基本的には地味な作業が多いのが特徴になります。
よく、スマートホンなどに浮気の証拠が残っていることが多いですが、普通はスマートフォンを見ることはできません。
浮気している人のスマートフォンを見ると個人情報の点で問題が発生してしまうからです。
携帯電話会社に問い合わせることも難しくなっています。
いくら探偵であっても、携帯電話会社に問い合わせてよい返事が得られるわけではありません。

そこで、探偵事務所では浮気をしている人にラインを使って近づくことがあります。
まずは友達になり、相手と仲良くなってから真相を追及することになるでしょう。
このように、個人情報の観点からスマートフォンから近づくのは、個人情報の問題とは関係ない、法律上何ら問題はありません。

探偵がよく使う手段として、追跡行為があります。
追跡は自動車で行う場合と徒歩で行う場合の2種類が存在するでしょう。
このうち、通常は相手の交通手段に合わせるのが普通です。
すでに徒歩で行動する人はいませんので、車を利用する可能性も高いです。
車で追跡する時のポイントは、信号になります。
赤信号や青信号であれば問題ありませんが、黄色信号から赤信号に変わる時には、追っている車だけ先に行ってしまうことも考えられます。
このようなときには、少し無理をして追跡を経なければならない部分はありますので、ある程度の熟練の人が行うことが必要になるでしょう。
自動車で追跡するときには、ずっと距離を縮めて追跡しているとばれてしまうので、一台別の車を間に入れて追跡することが多くなります。
途中で前の車と後ろの車を入れ替えて、前の車だけ後を追わずに別の進路に進めば追跡していることがばれにくいでしょう。

次に、徒歩の場合は、車に比べると簡単になります。
ですが、浮気している人は常に周りの目線を気にするものです。
そのため、あまり露骨に追跡をするとばれやすくなるため、距離を置かなければなりません。
人員の確保ができていれば、3人体制ぐらいで行ってもよいでしょう。

撮影することも仕事の一つになります。
例えば、浮気相手の家に行き、浮気をしていると推測できれば、少し離れたところから望遠カメラで撮影する場合もあります。
この時には、張り込みをしていることが多いですが、車で張り込みをする場合は、不自然な場所にとめないように注意をしなければなりません。

タグ

2017年9月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:鹿児島浮気調査

薩摩川内市浮気調査事例

■依頼主:薩摩川内市在住の女性

■相談内容:旦那と話している時に離婚の話が出てきた。年金などのお金が、使ってしまっていて全く無い事に疑問を持ち浮気を疑った。他に貢いでいるのではないかと考え浮気調査を依頼。

■調査期間:1~2ヶ月

■プラン 浮気調査 裁判資料 48万円のコース

調査は現在進行中

タグ

2016年6月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:鹿児島浮気調査

浮気してる?鹿児島県人の県民性からみた浮気傾向とは

数多くの浮気調査において、同じ日本、同じ九州の中でも県民性の違いが見えてきます。鹿児島県人の特徴は、南国・桜島・焼酎などに象徴されるように男女共に人情味にあふれ豪快です。

桜島の火山灰の育ちにくい土壌を辛抱強く耕し、闘ってきた忍耐力もあります。男性が主導権を握る傾向があり、落ち着いた物静かで家庭的な女性を好みます。

男性側が浮気する場合も癒し系の女性の場合が多く、妻が子育てで自分に構ってくれなくなった頃に、行きつけのお店や職場など自分を立ててくれる女性に出会ったら、自らのめり込む傾向にあります。

 

 

夫婦関係修復のお手伝いも

性意識も寛容で男は浮気の一つもできないようではダメぐらいの考え方で育っていますので、罪の意識は低いです。小細工はあまり得意ではないので、調査を始めると比較的早い段階で証拠をつかまれ写真に撮られるでしょう。

女性もドンと構えたしっかり者が多いので、少しの浮気ではビクともしない方が多いので、深みにはまってしまってからの相談が多いです。

浮気調査は証拠をとらえて報告し、場合によっては弁護士を紹介し慰謝料を取っての離婚となるケースもありますが、話し合いの場を設け夫婦関係を修復させる方向へもっていくお手伝いもしています。

タグ

このページの先頭へ

まずはご連絡ください
  • 浮気調査・不倫調査
  • 結婚調査
  • 盗聴盗撮器発見調査
  • 家出調査
  • 裁判資料・証拠の収集
  • 企業信用調査
  • 身元・身上調査
  • いたずら対策調査
  • ストーカー対策調査
  • 所在・人探し・家出人調査
  • 海外調査
  • 従業員調査
  • 株式会社オセロ
  • 福岡県・九州全県サポート
  • 東京/大阪
  • (本社)〒860-0821
  • 熊本県熊本市南熊本5-6-1-9F