熊本での盗聴器調査、探偵を選ぶ基準とは

自宅や職場に盗聴器がしかけられているかもしれない、そう感じたらすぐに専門業者に依頼してください。仮に勘違いであっても盗聴器の有無をはっきりさせることは大切です。

業者選びは慎重に

熊本で盗聴器調査を依頼する際、どんな業者に依頼すればいいのでしょうか。熊本にも探偵社はたくさんありますが、盗聴器の調査に詳しい業者もあれば、まったくノウハウを持たない業者もあります。

そのためノウハウのない「ハズレ」の探偵社に依頼してしまうと、盗聴器を見落としてしまう可能性があります。

一言に盗聴器といっても外付けタイプや固定型、盗撮機能付きなどタイプも形状も多岐にわたります。

そのため発見するための機器も多種多様で、幅広い専門知識が必要とされます。新しいタイプの盗聴器も次々に開発されており、調査する側に高いスキルがないと追いつけません。

 

過去の調査実績や事例を公開している探偵を見つけよう

どういった基準で盗聴器調査に強い探偵を選べばいいのでしょうか。素人には判断が難しいところですが、ホームページで過去の調査実績や事例を公開している場合は大いに参考になります。

またどういった機材で調査するのか、調査の手順なども含めて紹介しているところの方が安心でしょう。

料金表のみで具体的な調査方法を明かしていない業者は避けた方がよいかもしれません。悪質な業者の中には依頼主が知識のない一般人であることをいいことに、簡易な調査だけで済ませることがあります。

タグ

探偵による盗聴器発見調査にかかる費用とは

普通では聞けるはずのない他人同士の会話を、盗聴器などを用いて盗み聞きすることを盗聴と言います。

一番多い盗聴方法は電波を使ったもので、電波式の盗聴器を部屋のコンセント部分や電話機などの取り付け、離れた場所から部屋での会話の内容や電話で話した内容を盗み聞きするというものです。

 

 

数多くの盗聴器

近年では時計やパソコンのマウス、電卓などに盗聴器が仕掛けられたものも販売され、数多く購入されています。

盗聴器を仕掛ける場所の多くは一般家庭とホテルになりますが、近年では様々な場所に仕掛けられるようになりました。部屋の中だけでなく、車の中、店舗、事務所など多岐にわたります。

 

世に溢れる盗撮・盗聴

熊本県では高校の職員室から盗聴器が発見されるという事例もありました。盗聴が多いと思われがちなトイレや更衣室で見つかることはあまりなく、これらは盗聴よりも盗撮の方が多く見られます。

今の日本では盗聴するという行為は罰せられないため、軽い気持ちで仕掛ける人も増えています。

もしかしたら盗聴されているかもと感じるようなことがあった場合には、自分で探すことは困難なので、盗聴発見調査を依頼するとよいでしょう。

探偵に盗聴発見調査を依頼する場合の費用は、平均で5万円程度で広さや場所によって多少異なってきます。

タグ

盗聴発見調査にかかる時間はどのくらい?

盗聴器はあらゆるものに仕掛けられている可能性があり、素人では探しだすのは困難を極めます。プライバシーに深く関わるもので精神的な苦痛を伴いますので、心当たりがあるなら、盗聴発見調査を依頼するのがよいでしょう。

盗聴発見調査の時間についてですが、これは調査する場所や、電波の状況、設置されている場所によって異なってきます。おおよそ30分から2時間くらいかかると見込んでおきましょう。

市販の盗聴器であれば、40分くらいでも発見できるケースが多くなっています。一方で、市販品を改造した盗聴器や、プロが使用する盗聴器だと簡易的な調査では見つけられないことがあるため、2時間以上の調査が必要になる場合があります。

 

 

盗聴器発見は探偵事務所へ

この手段は市販品の盗聴器の場合でも、より完璧な調査を依頼したい時に役立ちます。熊本県周辺で盗聴発見調査を依頼したいなら、地元に探偵事務所が存在しますので、利用してみましょう。

無料相談のメール窓口が用意されていますから、まずは相談することをおすすめします。メール以外に、フリーダイヤルから相談することもできます。見積もりは無料です。

じっくりと探偵事務所のアドバイスを聞きつつ、納得の見積もりであれば、契約を済ませて調査を実行してもらいましょう。

タグ

熊本県熊本市の盗聴器発見調査事例集① 犯人は別居中の夫

30代女性からの調査依頼

 

調査理由は別居中の夫が知りえない会話の内容を知っていたり、自宅に帰りついてから直ぐに連絡がある等、疑わしいとの事から。

調査を始めると直ぐに受信機に反応があった。場所を特定していくとクーラーから強い反応があった。

さらに細部まで調べていくとクーラーを繋ぐコンセントから盗聴器を発見。そのまま撤去した。ほかの箇所も調査するが盗聴器は1つだけだった。

それを見ていた依頼人は見つかった安心感と同時に、恐怖心に駆られたという。

 

数日後、依頼人は盗聴器を持って夫を問いただすと取付けた事を認めた。

夫は依頼人の浮気を疑っていた為起こした行動であった。

 

タグ

このページの先頭へ

まずはご連絡ください
  • 浮気調査・不倫調査
  • 結婚調査
  • 盗聴盗撮器発見調査
  • 家出調査
  • 裁判資料・証拠の収集
  • 企業信用調査
  • 身元・身上調査
  • いたずら対策調査
  • ストーカー対策調査
  • 所在・人探し・家出人調査
  • 海外調査
  • 従業員調査
  • 株式会社オセロ
  • 福岡県・九州全県サポート
  • 東京/大阪
  • (本社)〒860-0821
  • 熊本県熊本市南熊本5-6-1-9F