浮気をする男ならではの必ず表れる特徴と行動

全ての男性がそうであるというわけではありませんが、男は浮気をしやすいということはよく知られています。

浮気は男の甲斐性だといってのける人もいるほどで、そういった浮気をする男には、共通した必ず表れる特徴と行動があります。

まず挙げられるのが、女性に対する距離感です。浮気をする男は女性に対する距離感を一方的に縮めてきます。

初対面であるにもかかわらず下の名前で呼んだり、肩に手を置くなどのボディタッチを頻繁に行うのです。

しかも、そういった行為は相手の了承を得ていませんが、自分が女性に嫌われるはずがないという一方的で自分勝手な思考をしているため意に介することがありません。

 

また、会う女性全てに連絡先を聞いてくるのも共通した行動です。浮気をする男は少しでも多くの女性と知り合っておきたいのか、わずかな時間の会話しかしていない場合でも連絡先を聞いてきます。

TPOをわきまえることは少なく、場所や状況に関係なく聞いてくるので連絡先を聞かれる女性はもちろん周囲も迷惑します。

 

スマートフォンを注意して見よう

さらに、妻や恋人と同居しているときにも浮気をしますが、その際はスマートフォンを手放しません。これは、スマートフォンを妻や恋人に見られることを避けるためで、トイレやお風呂にまで持って入るほど警戒しています。

スマートフォンのなかには浮気相手である女性の連絡先やデートをしたときの写真などが残っているため、妻や恋人に見られるわけにはいかないからです。さらに、スマートフォンの暗証番号を頻繁に変えたり、電話の着信音を相手によって変えるというのも必ず表れる特徴と行動です。

休日に家にいることが少ないというもの浮気をする男にありがちなことで、ほぼ必ず浮気相手と密会しています。

男性の浮気を見抜くには

自分の彼氏や旦那が浮気しているとは想像したくないものです。ですが、現実には、ばれないように浮気をしているという方もいるでしょう。男性の浮気を見抜くためには、行動をチェックしてみることが大切です。

 

忙しくて会ってくれない

浮気をするということは、自分よりも優先することがあるという点を注意しましょう。そのため、今まではよく会いにきてくれたのに、理由をつけて会ってくれなくなった場合や忙しいから合えない、用事が会って会うことができないなど会うことを避けられるようになった場合には注意画必要です。

 

スマートフォンをよくチェックするようになった

スマートフォンではlineやメール、電話など通信手段やちょっとしたコミュニケーションを取るという点においては優れています。

SNSなどを利用すればインターネットを利用していろいろな方とコミュニケーションを取ることができるため、今までの生活では出会うことがない相手ともインターネットを通じてコミュニケーションを取ることも可能です。

便利ではありますが、彼氏や旦那にとって異性との出会いのきっかけになる可能性があるのも事実です。

スマートフォンで連絡を取っている相手が誰なのか判断しにくい場合もありますが、異性との連絡を取るためにスマートフォンのlineやメール、SNSをチェックしている可能性もゼロではありません。

 

浮気をしていないか動揺させてみる

確信が持てない場合でも、相手が動揺するような会話をしてみるというのも一つの手段です。

女性と二人でいるところを目撃したというような話をしてみることで、相手が動揺する場合には浮気の可能性があります。

ただし、必ずしも浮気をしているとは限らないため、行動をチェックしてみることも大切ですが、自分達の関係を壊すことにもなりかねないため、慎重に行動するように心がけましょう。

 

浮気調査の費用の全国相場とは

自分のパートナーがもしかしたら浮気をしているかもと思った時に行う一つの手段として、浮気調査の依頼が挙げられます。

探偵や興信所に浮気調査を依頼した場合には、どれくらいの費用がかかるのか想像もしにくく、高額な費用を請求されるのではないかと、なかなか前に進めない人もいるでしょう。

 

浮気調査の全国相場

浮気調査の料金の全国相場としては、かなり幅が見られるのが事実です。その最大の理由は、依頼する人の状況により、調査の内容が大幅に変わるからです。

浮気調査の料金については1時間当たり2万円から2万5千円のケースが最も多く、1日6時間の調査を3日間行うには36万円から45万円の費用がかかることになります。

 

 

料金に大きく影響してくるのが調査期間です。これは依頼者の状況次第で大きく差が出ることになるでしょう。例えばパートナーの浮気の実態がほとんど分からず、浮気の事実も本当かどうかわからないという場合には、ピンポイントでの調査ができません。

そのため長い期間、調査を行う必要があるでしょう。長期間の検査を行うことにより、情報を集め、証拠を収集することになります。

もし、パートナーについて、ある程度の調査がわかっている場合には、怪しい期間を設定して浮気調査を依頼することができるので、ピンポイントでの調査が可能になります。

 

おおよその浮気調査の費用

おおよその浮気調査の費用の全国相場としては、パートナーの浮気の真偽だけを確認したい場合には10万円から20万円、不貞の証拠を押さえて慰謝料を請求したい場合には、不貞を証明する証拠を押さえる必要があるため30万円から40万円ほどかかるでしょう。

さらに証拠を押さえたうえで、相手の住所などの詳細も知りたい場合には、50万円以上の費用がかかることになります。

熊本の探偵会社と相場について

日本には、数多くの探偵会社が存在し、様々な悩みを抱えた人が相談に訪れています。熊本の探偵会社にも、多くの相談が寄せられます。

探偵や興信所は、信用調査や行動調査を行います。信用調査とは、結婚相手や雇用先、取引先などを調査することです。結婚の場合、双方の両親から依頼されることも多いです。

一方、行動調査は配偶者や恋人の動向を調査することが多いです。探偵会社の業務は、浮気調査や素行調査、ストーカー調査、結婚調査など多岐にわたります。

 

無料相談を利用しよう

探偵会社は数が多いため、調査したいことがあって探偵会社を選ぶ時に、初めての人は迷ってしまうことが多いです。

探偵会社を選ぶ場合、探偵業法を届けているかチェックすることが大事です。多くの探偵会社は、無料相談を受け付けているので、まずは無料相談を利用してから契約する人も少なくありません。

良心的な探偵会社は、料金が明確で、最初に決めた料金以外に追加料金などは取りません。見積もりも、ほとんどの会社は無料です。

 

 

探偵会社や調査内容によって、料金の相場は異なります。ただ、多くの探偵会社はホームページを持っており、ホームページに調査料金の目安が掲載されていることも多いです。どのくらいの調査費用がかかるか、目安となる料金を見ておくと安心です。

調査力も重視ししよう

浮気調査や素行調査は、探偵会社の調査力が最もわかる調査です。浮気調査や素行調査を熊本の探偵会社に依頼する場合は、料金はもちろん、調査力も重視して探偵会社を選ぶことが大事です。

評判の高い探偵会社は、料金が明確で調査力のレベルが高く、アフターケアも万全です。最近は、探偵会社の比較サイトも増えているので、参考にしている人も多いです。

電話やメールでの相談を受け付けている探偵会社も多く、不明な点があればすぐに問い合わせをすることができます。

浮気率の高い男性・女性の職業

“浮気をするのは男も女も変わりませんが、職業によって浮気率には違いがあります。浮気率の高い男性・女性の職業はいくつか挙げられますが、共通しているのは異性との出会いが多い職業だという点です。

職業による浮気率

浮気が多い男性の職業としてまず挙げられるのは医師です。職場である病院には女性看護師が非常に多く、患者にも女性がいます。

加えて、医師は高給であることが知られているので、魅力が大きくアプローチされる確率も高いことが浮気につながっています。

同様に、高給であるということと能力があるということが立証されている社長業も浮気率が高い職業です。

職場だけでなく取引先や経営者同士の懇親会などで女性と出会うことが多いだけでなく、社長業はコミュニケーション能力に長けていなければ務まらないので浮気が成功しやすいのです。

ストレスや出会いの多さからからの浮気

女性の場合、医師や社長という職業に就いている人数が少ないため浮気をする人も多くありません。浮気率が高い女性の職業としては、看護師や介護士が挙げられます。

医療現場や介護現場はストレスが多い仕事で、そのストレスを同じ職場の男性と共有しようとして浮気に走ってしまうのです。

また、水商売に従事している女性も浮気率が高いです。出会いの数ではほかの職業よりを圧倒していて、さらに職場を訪れる男性は女性との濃密な関係を望んでいることが浮気に走る要因になっているのです。

浮気は個人が行うものですが、男女とも職業によって浮気率に差があるのです。

慎重に考えるべき浮気の線引き

“浮気はどこからが浮気?なのでしょうか。個人個人によって考えが違うとは思いますが、浮気と間違われて迷惑するパターンなどもありますので、そこは慎重に見て頂きたいところでもあります。

浮気の始まりとは

浮気も最初は、異性と二人っきりでお茶をすることから始まるのかもしれません。しかしこの時にはまだ浮気の気持ちは芽生えていないことも多いのではないでしょうか。

一緒にお茶をする理由にもよりますが、たまたま道でばったり会ってしまったからとか、昔の友人でただ懐かしかったからということもあります。

同性なら疑われることはありませんが、異性でしたら一緒にいるだけで間違われてしまうことも少なくありません。

ましてや、相手が素敵な人であった場合、さらに疑いが確信の思い込みに変わってしまう方もいますので要注意です。

この様なことから状況にもよりますが、友人としてお茶をしている程度なら浮気とみるのはどうかと思います。

浮気の線引き

しかし、これ以上に発展した場合は浮気としてみても良いのではないでしょうか。

例えば、手をつなぐとか、腕を組むとか、家族に内緒で休日に二人っきりでドライブに行くとかになると、普通のデートと同じですのでそのように見ても構わないでしょう。

浮気は、真面目に生きている人には耐えられないものでしょう。しかし、浮気は一時的なもので最終的には戻ってくることが多いです。

我慢は辛いですがあまり騒がず戻ってくるまで静観するのも良いかもしれません。許すことは難しいとは思いますが、いつまでもそのことにこだわると自分は幸せにはなれません。

相手と離れたくないなら許す、そうでなければ別れるということを気持ちの整理と共に選択した方が良いのかもしれません。

浮気を増加させる近年の浮気事情

“近年、雑誌やテレビなどで連日芸能人の浮気が素っ破抜かれています。しかし、浮気調査を扱う探偵事務所では、近年浮気調査の依頼数が増加傾向にあるというのです。

近年の浮気事情

浮気を増加させる近年の浮気事情について、解説していきましょう。

そもそも、浮気は今に始まったことではなく、古来から頻繁にある男女の永遠のテーマです。

決まったパートナーとは別の恋人を作り、逢瀬を重ねる。文字にすると単純ですが、そこには人間のドロドロとした部分が凝縮されており、時には家庭崩壊を招いたり、事件に発展することもあります。

インターネットで浮気が増加

浮気が増加した原因の一つとして、インターネットの普及があげられます。

一昔前までは、自分の足によって相手を見つけるなどをしなくてはなりませんでしたが、現在は、メッセージアプリや、出会い系サイトなどが多くあり、気軽に相手を探せるようになりました。

スマートフォン自体にもロックを掛けられるようになり、パートナーに見つかりにくい状態となっています。

さらに、地域住民との関係性の薄れも指摘されます。近所の人間関係が希薄になったことで、いわゆる監視されることがなくなり、自由に出会いを楽しむことが出来るようになりました。

そして、注目すべきは、女性の浮気が徐々に増えている点です。ドラマでも話題となりましたが、夫の仕事中に浮気をするという行為が注目されています。

パートナーの行動をよく観察し、怪しいそぶりは見逃さないよう、常にコミュニケーションは取っておきましょう。

不貞行為とは?その定義は?

“浮気と不貞行為は、世間一般ではよく混同されます。テレビのワイドショーなどでもコメンテーターの方々が定義をよく理解しないまま、双方の言葉を使って有名人の不倫や離婚問題を論じています。

不貞行為とは

そのため、世間の人々は浮気と不貞行為を同様の意味、そして行為だと理解しています。確かに似ている部分はありますが、いわゆる法律的にはれっきとした定義が存在します。

そもそも不貞行為とは?その定義は?どういった内容になるのでしょうか?まずは不貞行為の定義ですが、既に結婚している男女がパートナー以外の異性と性的な関係を結ぶ事を意味します。

生々しい表現になりますが、いわゆるパートナー以外の男女と性行為をする事です。基本的にはセックスを意味しますが、専門家によって不貞行為の意味する性行為の厳格な解釈は変わって来ます。

キスやペッティングなども広義の性行為だと解釈する人もいます。

浮気とは

一方で浮気ですが、こちらは厳格な定義がない言葉です。

結婚した男女だけに当てはまる概念でもなく、いわゆる恋人状態の男女にも当てはまる言葉であり、パートナー以外の異性に見とれていた、異性のアイドルに熱中している、異性の友達と親密そうに話していた、こういったレベルでも該当する表現です。

要するに特定の恋人やパートナーがいるにもかかわらず、異性に対して「浮ついた気持ち」を抱く事が浮気の意味するところです。

不貞行為とは違い、性行為の有無は関係なく、ある意味で非常に日常的なレベルで発生しているものです。

不貞行為は厳格に法に触れますが、浮気はそれこそ個人の内心の問題であり、余程異性に浮ついた態度を取らない限り、恋人間や夫婦間でも大問題にはなりません。

どんな事があったら盗聴発見調査を依頼すべき?

熊本周辺でも依頼が多いのが盗聴発見調査です。近年手口が巧妙になっており通信販売でも簡単に手に入るようになってきたので、一見してわからないものがほとんどです。

気付かず盗聴されることも

賃貸住宅などは入居者が変わるため、前に住んでいた方がわからないこともあり、特に注意が必要です。

ワンルームマンションなどはエアコンや照明器具などが備え付けのところも多く、陰に隠れた部分にあればわかりません。

コンセントも分岐タップが付いているから便利でそのまま使っていたら盗聴されていることもよくあります。

不審に感じたらプロに任せよう

テレビやラジオに雑音やノイズが入る、一人暮らしの方が家に帰って、すぐ電話が鳴る、近所に不審な車が止まっている、別れた彼氏や別居中の夫が知りえない内容を知っていたなど不審に感じた時は盗聴発見調査を依頼して探偵の力を借りましょう。

重大なストーカー被害の兆候の場合もあります。不安なことが重なったら、電話で相談してみましょう。その場合は聞かれている可能性がありますので、家の中から電話をしてはいけません。

相談してもいきなり料金は発生しませんので安心です。高性能な受信機と長年の経験で部屋の中を隅から調査して特定します。調査をしているときは念のため相手に聞こえないように無言で行ないます。

熊本で人探し、探偵に依頼した場合の日数は?

熊本に限らず、探偵会社に人探しを依頼した場合、幼い頃に別れた

親や子供など、相手が逃げているわけでもなく普通に生活している場合であれば、多くの場合は早期に所在が確認できます。

人探しは時間が鍵

失踪した人や家出人を探す場合は、いなくなってから依頼するまでの時間と情報量に正比例する傾向があります。

いなくなってからかなり時間が経過していたり、手がかりが少ないときには探し出す日数もかかってきます。

統計的に1日から30日の日数で、ヤマ場は1週間です。探偵会社は独自のネットワークとプロの集団ですので、情報が整っていれば1週間あればルートをたどり解明します。その期間を過ぎればだんだん厳しくなっていきます。

日数が増えると料金が増えていきますので、人探しの依頼をする際は住所・氏名・生年月日・戸籍・学歴・職歴・顔写真・身体的特徴・趣味などできる限り正確な情報を揃えて依頼することがポイントです。

捜索相手が会社勤めをしていたり社会生活を送っている場合は、比較的に早く解決できます。

探偵会社は逐一、メールなどで状況の報告をしてくれますが、相談依頼の際にどこまで待つのか、料金設定はどうなっているかはなどをはっきりさせておくことも重要です。

このページの先頭へ

まずはご連絡ください
  • 浮気調査・不倫調査
  • 結婚調査
  • 盗聴盗撮器発見調査
  • 家出調査
  • 裁判資料・証拠の収集
  • 企業信用調査
  • 身元・身上調査
  • いたずら対策調査
  • ストーカー対策調査
  • 所在・人探し・家出人調査
  • 海外調査
  • 従業員調査
  • 株式会社オセロ
  • 福岡県・九州全県サポート
  • 東京/大阪
  • (本社)〒860-0821
  • 熊本県熊本市南熊本5-6-1-9F